About

大久保 遼|Ryo Okubo
日本という非西欧圏における近代化の経験について、メディアと映像文化に注目して研究を行なっている。とりわけ ①写真や映画が伝来し、新しいメディアが日常生活を再編していく19世紀末、②テレビの世帯普及率が飽和し、携帯電話やパソコンの普及が始まる1980年代、という2つの転換期を中心に歴史的な分析を進めている。最近の関心として、近年の技術的変動を踏まえたメディア研究、文化社会学の再検討がある。

*researchmapのアドレスが変わりました https://researchmap.jp/ryo_okubo

主な研究テーマ
主な研究テーマは、①19世期末〜20世期初頭の日本におけるメディアと学知の編成、②近年の技術的変動を踏まえた文化社会学、映像/メディア研究の構築、③メディア考古学の潮流とメディアの社会構成主義の比較、④日本社会学史における文化社会学の系譜の再検討、など。


最近の仕事
『クリティカルワード メディア論』(分担執筆)近刊
「舞台演出と映像技術」技術と文化のメディア論、近刊
「メディア考古学」『ポストメディア・セオリー』近刊
スクリーン・スタディーズ』共編著・東京大学出版会
感覚の理論と社会の理論」『社会学評論』69(2)

進行中
『メディア考古学とは何か』翻訳→第2稿へ
『視覚報道のメディア史』リライト作成中
『はじめてのメディア論』第1稿作成
「日本社会学史における元良勇次郎」継続
「メディア考古学と認知資本主義の文化技術」


明治学院.社会学部.教員紹介.Researchmap.科研費DB.日本の研究.JGLOBAL.CiNii著者.Amazon著者.文化とメディア.


Ryo Okubo
Media Studies / Associate Professor, Department of Sociology, Meijigakuin University

Born in Tokyo in 1983. MA and PhD (Interdisciplinary Informatics) from the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies at the University of Tokyo. After working at the Collaborative Research Center for Theatre and Film Arts in The Tsubouchi Memorial Theatre Museum at Waseda University, the Public Collaboration Center and Arts and Science LAB at the Tokyo University of the Arts, and Department of Humanities and Social Sciences in the Faculty of Letters at Aichi University, he assumed his current position in 2019. His major books include Archaeology of Screens in Early Modern Japan (Seikyusha, 2015), which won the Japan Sociological Society Encouragement Award in 2016. Further, he is the co-editor of Doing Screen Studies in Japan (University of Tokyo Press, 2019) and Natural History of Lantern Slides: Archaeology of Projection Media (Seikyusha, 2015). Moreover, he organizes exhibitions and screenings based on media history research.