『ヱクリヲ8』新幹線の行き帰りで熟読したが、すごい熱量。そして円城塔はやはり面白い。言語による情報処理としての小説。SFというテクノロジー。メディア考古学の発想源の一つはスチーム・パンクであることを思い出す。デッドメディアとDifference Engine。

関係ないが、学生時代、菊坂にあるKinotolope(Difference Engineに登場する蒸気式映写機)という美容院で散髪をしていた。店長がSF好きとのことで、神保町店の名前はDifference Engine。嘘みたいな本当の話。店員さんも映画や演劇に詳しく楽しかった。今も営業している。